Blog

今年は閉店が多くて悲しい。

今年は行きつけのバーや、

知り合いのお店など閉店が

多かったです。

それだけ消費税はキツイとの事

ですよね。

うちも売上減少なんで、

ほんとどうなるかって不安

ではありますもんね。

一つ言えるのは時代の流れは

確かにあって、

淘汰される時期は必ずあるんですよね。

良いとか悪いとかではなく、

それが時代と言うものだと

思うのです。

職業もそうやって変わって行く

ものですし。

ただ時代の流れのせいにたり、

政治家がダメだとか、

官僚がダメだとか、

社長がダメだとか言ってもね

何も変わらないんですよ。

小沢一郎が政治家の質は

その国の国民レベルに

繁栄されると言っていましたが、

全部の事がそうなんですよね。

個人店が潰れるのは

時代と文化レベルが

平均に向けて上下が狭まってる

のかもしれませんよね。

可もなく不可もなくが増えてね。

なに食べても、飲んでも、

デザイン見ても、衣服見ても

とんでもなくダサい物って

減りましたからね。

大量にすることで効率を上げ、

コストを押さえて、安く売る。

そういう時代に慣れきってしまった

んですよね。

だから個人がちょっと良さそうな

事や物を作っても

高いと思ってしまうんですよね。

そうなると個人も少数なのに薄利

で販売して、

続けていけない、

もしくは値段改定せず

客数不振で運営難。

どちらにせよ閉店。

もちろん個人店側にも問題が

無いとは思いませんが、

お金は出さないで、誰かが

お金を使ってるだろうとか

思わないで、好きな店なら

使える時に使って下さい。

この店は俺が金使ってるから

持ってるんだと

思ってさ。

贔屓のお店は必ず持った方が

人生は楽しいですし、

それが文化を守って行くと言う事ですから。

安くて、逸品なんて

基本的には無いですからね。

そこには色々な理由がありますから。

好きな物を守のは

自分と言う事を心の

どこかに留めて欲しいですね。

無くなったらそれで御仕舞いですからね。

いい店が無くなるのは本当に悲しいですよ。

その責任は僕にも勿論あるのですが。

うちも今年乗り越えれる様に頑張ります。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ